産業保健師の役割は?

産業保健師の役割は?

Q.産業保健師の役割は?
A. 社員の心身ケア

産業保健師は人気の職業です。行政保健師に次いで、憧れの職業になっています。ところでその産業保健師、業務中に何をするのでしょうか?
そもそも保健師は、仕事の内容がハッキリとしないという声があります。病人の治療を補助する看護師と比べて、健康な人の健康を守る保健師の仕事は分かりづらいからです。さらに産業保健師となると、行政保健師よりも何をするのか見えてきません。

産業保健師の役割は、社員の心身ケア

最初に考えてもらいたいのですが、産業保健師は会社員です。営業や事務、総務をしている他の社員と同じ、会社員です。一社員である以上、チームの一員として、他の社員が元気に働けるような環境づくりをする仕事だと思って下さい。実際の仕事は、社員の身体的な健康管理、社員の精神的な健康管理、と大別できます。特に最近はメンタル面で落ち込んでウツになる社員が多いです。企業の側も社員からウツで訴えられると、色々なペナルティーが待っています。そのペナルティーを避けたい企業の思惑もあって、社員の精神的な健康管理が大きな仕事の1つになってきています。

社員の身体的な健康管理とは?

看護師の国家資格も持っている保健師です。会社の保健室に訪れる社員の健康を管理します。体温をはかったり、市販の薬を出したり、可能な範囲の応急処置をしたりと、色々なケガ、病気に対応します。

社員の精神的名健康管理とは?

特に最近では、うつ病対策として保健室を置く企業が増えています。うつ病まではいかなくても、心の不調を感じている社員は本当に多いです。経済が縮小している日本市場ですから、大手といえども苦戦しています。そのため、社員が無理を強いられています。その毎日の中で少しずつ心の健康を失っている社員もいます。そうした社員を、保健師の立場から守ります。精神病院と違って薬を処方するわけではありませんが、カウンセリングを通じて心の問題を取り除きます。

転職の前に、産業保健師の仕事をしっかりと把握しておこう

産業保健師に興味があるあなた、その想いをぜひ形にして下さい。しかし、産業保健師の転職は、簡単ではありません。求人が少ない上に、あなたを含めた優秀な人間が複数応募してくるので、色々な対策を立てなければなりません。また、対策を立てる前に、産業保健師の仕事をしっかりと熟知する必要もあります。仮に自分では何も分からないと言うなら、産業保健師の現場をよく知っている人を味方につけて、就職試験の作戦を練った方が良いです。学校の先輩や、かつての同僚、先輩など、誰でも構いません。身近に誰もいないのなら、転職支援サイトなどを利用してしっかりと準備して下さい。

保健師求人サイト人気ランキング