保健師の就職

保健師の就職活動のポイントは?

保健師の方はいろいろなところで働く可能性があるため、就職活動の第一のポイントは「どこで働くか」ということになるでしょう。

 

仕事には賃金や職場の人間関係など、大切なことは山ほどありますが入職する前に考えられるポイントはやはり仕事の内容となります。行政保健師・学校保健師・企業保健師と大きく分けると3種類の保健師がいますが、自分が本当にやりたいことは何かをじっくり考えたいものです。

 

例えば行政保健師の場合、公務員という非常に待遇の良い形で働くことができます。地域住民の健康増進のために働くことができるということではどんな部署に配属されても同じですが、配属によって任される仕事は大きく異なります。人事の決定次第で、どのような仕事が任されるかはわからないというのが歯がゆいところです。

 

組織に属する以上仕方がないと割り切るしかないのですが、直接健康指導・健康相談を受ける仕事がしたいというのであれば別の選択肢もありえます。

 

企業保健師として働くにしても、任される仕事は大きく異なります。企業によっては保健師を健康相談員に近い形に位置付けているところもありますが、もっと幅広い業務を任せる社員としてみなしているところもあります。
健康診断や衛生管理などを任せるというのであれば、保健師という職種で求人を出していても実態は普通の会社員に近いこともあります。

 

こうした仕事内容のミスマッチを避けるためには、転職支援サイトで事前に仕事内容を確認することが一番よい対策となるでしょう。コーディネーターの方が求人票に載せられていない各職場の事情まで教えてくれますし、不明点は採用側に問い合わせも行ってくれます。仕事内容にこだわっての転職ということであれば、事前のヒアリングでしっかり話を聞いてくれるサイトに登録を行うのがおすすめです。

 

仕事内容とならんでもう1つ大切にしたいポイントが、自分の希望するライフスタイルと仕事がしっかり両立できるということです。

 

たいへんな保健師の仕事、私生活もしっかり充実させてストレスを上手にコントロールしていくことが大切です。保健師としてよりよい仕事をするためにも、勤務時間や休日といった条件については妥協せず自分の希望を大切にすることをおすすめします。

 

もちろん、給与やボーナスも非常に大切で妥協できない勤務条件の1つです。これから採用をしてもらう立場ではありますが、できるだけコーディネーターの方を通して自分の希望を交渉してもらうようにしてください。

保健師求人サイト人気ランキング