保健師の志望動機

保健師の転職面接の志望動機は?

転職する際に多くの方が心配することは、久しぶりの転職活動で面接などが不安だということです。就職活動の際の緊張を思い出し、不安を感じる方も多いのではないかと思います。

 

実際、非常に優秀な方であっても履歴書や面接で志望動機をうまく伝えられない、自分の強みを十分PRできないという方はいらっしゃいます。性格なども関係してくるものですが、やはり面接が苦手な方は少し損をしていると言わざるをえません。

 

保健師の方でも、面接で志望動機を語ることが大切であることに変わりはありません。特に転職の場合、今までに成してきた仕事の成果も一緒に報告をしなければならないでしょう。保健師の仕事の中心である健康相談・健康指導などはなかなか具体的に成果を述べることが難しいかもしれません。

 

営業であれば〇〇万円売り上げた、事務では〇〇という仕事で何百人分の書類手続きを行ったといったアピールができるでしょう。保健師の方でもどういう仕事をしてきたというアピールをしていくことは可能ですが、数字を具体的に示せない業務はなかなかアピールが難しいと考える方もいます。

 

もう1つ、保健師の仕事というのは目的が「健康増進」「健康管理」といったところに集約されるものです。
志望動機でどのように他の方と違いをつけるか、あるいはどうして「その」職場で働きたいかを話していくかはなかなか大変かもしれません。
どうしてその職場を選んだかということは、その職場でどのような働き方をしたいか・貢献できるかを話すことにもつながってきます。そのため、志望動機をまとめるということは非常に大切になってきます。

 

保健師の転職支援サイトでは、転職のプロの方(コーディネーター・コンサルタント)が履歴書や面接についても面倒を見てくれます。

 

志望動機の作成についても、他の方に話を聞いてもらい簡単なアドバイスをもらうだけで大きく楽になってくることがありますよ。特に再就職を考えているブランクのある方などは、「企業」「職場」という感覚を取り戻していくのにアドバイスが生きてくるのではないでしょうか。

 

もちろん、最終的に志望動機を考えて面接に臨むのは転職者本人となります。多くの場合、自分の言葉で志望動機をわかりやすく伝えるほうが採用側にとっては高評価につながることが多いです。時間については、少し短いと感じるくらい手短にまとめてしまっても構いません。少なくとも長いよりは、シンプル・簡潔なほうが評価につながるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング