保健師の派遣

保健師の派遣の仕事内容は?

保健師の中には、派遣社員として働かれる方もいらっしゃいます。派遣社員でも、仕事内容の基本は他の社員とあまり変わることはありません。地域住民のため、もしくは社員のため健康管理や健康増進に携わることになります。

 

ただ企業保健師と、そうでない保健師との間では同じ派遣保健師でも仕事内容に差が出てくることはあるでしょう。企業保健師の方の場合、その仕事の多くは社員の健康相談や健康管理になり健康診断の取りまとめなどを任せられることになるでしょう。派遣として働かれている方の場合、その企業に所属しないということですからそれ以外の任務を任せられることはあまり多くないでしょう。

 

保健センター・介護センターなどではもっと仕事内容が多様化することもあります。ある方は健康相談の任にあたり地域住民とお話をすることが求められるでしょうし、もっと事務的な仕事を任せられることもあります。仕事内容については、派遣される前にしっかり確認しておくようにしたいものです。

 

保健師向けの転職サイトであれば、事前の仕事内容確認が非常にやりやすくなるのではないかと思います。エージェントの方から直接仕事を斡旋してもらえるわけですし、不明な点があればエージェントの方を通して採用担当に確認をとることもできます。

 

仕事内容はもちろんですが、夜勤はないか・残業はないかといった労働条件についても確認をとることができます。特に主婦の方、共働きをされている方などはライフスタイルに合った求人を選ぶ必要があります。

 

他にも保健師の方が転職サイトに登録する意味はたくさんあって、実際に転職希望がまだ固まっていない方も登録することができます。エージェントの方に希望条件を相談したり、どのような職場でたくさん求人が出されているかを確認することもできます。お住まいの地域でなかなか求人が見つからないという方も、一度相談してみてはどうでしょう。非公開求人を紹介してもらったりすることで、求人があまり多くない地域でも職場が見つかることがあります。

 

派遣にも、そのまま派遣として働き続けるパターンと紹介予定派遣のパターンがあります。
紹介予定派遣であれば、正式に社員となる前にその職場の雰囲気や仕事内容をしっかり確認しておくことが可能です。職場との間にミスマッチがない場合、そのまま入職という形になると思いますから派遣希望でない方も紹介予定派遣はよい働き方です。保健師の方が働く医療・福祉業界でも、この紹介予定派遣は多いですよ。

保健師求人サイト人気ランキング