行政保健師の仕事

行政保健師の仕事は?

保健師という職業がどのような職業なのかというのをよくわからないという人も多いと思います。保健師はよく看護師とはどう違うのかというのを聞かれることがありますが。保健師と看護師とは全く別の職業と言ってもいいでしょう。

 

看護師というのは主に患者さんの病気の治療のサポートをすることが仕事になってきます。職場も基本的には病院が多いのが特徴です。それとは違い保健師というのは病気にならないようにサポートをするというのが仕事になっています。

 

つまり、健康管理や体調管理などを行うのが保健師の仕事なのです。そして、保健師というのは様々な場所で働くことができるというのが特徴なのです。病院で働くというのもあるのですが、企業や行政で働くことができるのです。中でも行政保健師はやりがいがある保健師の職業として知られています。行政保健師はその名の通り市町村で働くことができる保健師になっています。

 

保健師の中でも幅広い年齢の方を診ることになる仕事で成人はもちろんのこと乳幼児や妊婦、高齢者や障碍者といった様々な人たちの健康管理を行うのが行政保健師の仕事になっています。健康管理と言っても外面だけの管理ではありません。妊婦のメンタルケアを行ったりと精神障碍者などのケアに合ったりと内面的なケアを行うこともあるのです。

 

さらに、様々な感染症の予防というのも行政保健師の仕事になっています。このように保健師の仕事は多くありその分やりがいが出てくる仕事なのです。この行政保健師以外にも様々な保健師の仕事がありそれぞれ役割がかわってきます。ではこの行政保健師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?保健師になるためには資格が必要です。まずはしっかりと資格を取るといったことが大事です。資格を取った後は行政の職場を見つけなければいけません。

 

主にハローワークで職場を見つけるというのが一般的ですが、実はもっと手軽に行政保健師の仕事を見つける方法があるのです。それがインターネットの保健師求人サイトを使う方法です。保健師求人サイトには様々な保健師に関する求人情報が載っています。もちろん行政保健師の求人も多く載っているので行政保健師の職場探しにはとてもお勧めの方法です。

 

主さらに、この保健師求人サイトの特徴は様々な保健師の相談に乗ってくれるというのが特徴です。こういったサイトで保健師の悩みを解決することも出来るということです。ぜひ保健師求人サイトで自分にあった職場を探してみてください。

保健師求人サイト人気ランキング