保健所の行政保健師の仕事

保健所の行政保健師の仕事は?

保健師という職業がどういった職業が知らないという人も多いと思います。保健師というのは主に健康管理や体調管理などを行い未然に病気などを防ぐというのが役割の仕事です。実はこの保健師というのは様々な種類がありそれによって働く場所や働く内容がかわってきます。例えば、学校などで生徒や先生などの健康管理を行う保健師は学校保健師と呼ばれています。他にも企業などで社員などの体調を管理するのが産業保健師。

 

そして、市町村や保健所などで働く保健師のことを行政保健師と呼びます。このように保健師というのは様々な種類があるのです。中でもよりやりがいがある保健師の仕事というのが行政保健師です。行政保健師の中でも2つに分かれており、市町村で働き乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の診る市町村保健師。

 

そして、障害者や難病患者などを診たり、感染症などを予防したりする保健所保健師というのがあるのです。行政保健師は保健師の中でも大変な職業の一つです。ではなぜ行政保健師は大変な職業の一つとして知られているのでしょうか?行政保健師が大変な職業として知られている理由はなんといっても様々な専門的な知識が必要になるからです。

 

感染症などを予防しなければならない場合はSARSや新型インフルエンザといった様々な感染症の知識を知っていなければなりません。多くの知識を持っていなければ保健所保健師というのは難しい職業になっているのです。最近では障害者などを支援するための法律ができ、精神障碍者などに対するメンタルケアなどを行う仕事も多くなっているそうです。

 

このように行政保健師の中の一つの保健所保健師というのは大変な仕事ではありますが、その分やりがいがある仕事として知られているのです。保健所保健師になるならばやはりしっかりとした待遇の場所で働きたいと思いますよね。保健師にとって一番大切なことはなんといっても職場選びです。より自分にあった職場を見つけるというのが保健師になるにあたってとても重要なことになってくるのです。

 

基本的にはハローワークで職場を見つけるというのが一般的ですが、最近ではハローワークだけではなく保健師求人サイトというのを使っている人が増えています。このサイトは自宅に居ながらでも簡単に保健師の求人を見つけることができるサイトで自分の条件にあった求人を見つけることができるのです。こういったサイトを使ってしっかりと求人情報を探し自分にあった職場を選びましょう。

保健師求人サイト人気ランキング