学校保健師の仕事

学校保健師の仕事とは?

保健師と言っても様々な保健師がいることを知っていますか?企業で働く産業保健師や、市町村で働く行政保健師、そして、学校で働く学校保健師というものがあります。保健師という仕事は主に健康管理を行う仕事です。学校保健師の仕事は生徒や先生といった学校にかかわっている人たちの健康管理を行うというのが主な仕事内容になるということです。

 

よく学校にいる保健室の先生を思い浮かべるとわかると思いますが、それが学校保健師と呼ばれるものなのです。学校保健師は、生徒はもちろんのこと教員などの健康管理を行わなければならない職業です。生徒などが怪我をした時に治療を行ったり、健康診断などを行い病気などにかかっていないかというのを調べたりするというのが主な仕事内容になっています。学校保健師は通常小学校や中学校、高校などで働くことができません。小学校や中学校、高校で働きたい場合にはしっかりと養護教諭のための単位を取らなければならないという特徴があります。こういった単位をとってやっとこれらの学校保健師になることができるというわけです。学校保健師というのは授業などを行うことはありませんが、ほかの保健師とはやはり違い大変な職業の一つとして知られています。

 

保健師といえば高齢者や妊婦婦などを診ることが多い職業として知られていますが、学校保健師の場合は若い子ども中心に見るため保健師の中でも少し特別な保健師なのです。なので、しっかりと知識をつけて健康管理の指導を当たれるようにならなければなりません。

 

この学校保健師になるにあたって養護教諭になるかどうかというものが大きくかかわってきますよね。どのようにすれば養護教諭になれるかわからなかったり、実際になった後にどのようにして求人を探せばいいかわからなかったりという人も多いと思います。そういったときにお勧めなのが保健師求人サイトです。保健師求人サイトならば擁護教諭になるための情報というのをしっかりと紹介してくれます。更に、どのような職場がいいかという案内も行ってくれるので安心して求人探しを行うことができるのです。

 

求人情報もハローワークでは取り扱っていない情報などがあるのでより自分にあった職場探しをすることができるようになっています。自宅に居ながらでもしっかりと求人選びを行うことができるので保健師の求人に困ったときはこの保健師求人サイトを利用してみてください。学校保健師になるための手助けを行ってくれるはずです。

保健師求人サイト人気ランキング