最新の保健師求人事情

保険師が転職を始める前に読むサイト

保健師求人.com<まずはこのサイトから始めよう!>へのご訪問ありがとうございます。保険師の転職は行政機関が勤務先が多く、他の一般職と比べて公開されている求人情報も少なくなりがちです。転職支援サイトを利用すれば一人で悩まず効率的に転職活動が進められます。

 

どういった人材を欲しがっているか、また実際の職場の雰囲気など、専門アドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、今より好条件の会社を探すには最適のサービスです。登録は無料なので、少し転職に興味がでてきたという段階の方にも、ご登録をおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング

保健師求人探しのポイント

これから保健師になりたいと思っている方や、保健師の方で転職を希望しているという方は多いと思います。 保健師の職業は看護師などとはまた違った苦労がありますよね。 保健師というのは主に、健康管理をする仕事の一つだとされています。 病気になってしまったときにその治療をするのが看護師ならば保健師は病気にならないように健康でいられるような管理をするというのが仕事になってくるのです。 保健師も看護師と同じで資格がありしっかりとその資格を取らなければ保健師になることはできません。 これは看護師とあまり変わりありませんが、看護師の多くは病院で働くということが一般的ですが、この保健師は病院以外でも働くことができるというのが特徴なのです。 病院は勿論ですが、病院以外にも行政で働くことができる行政保健師や、企業などで働くことができる産業保健師といったように多くの場所で働くことができるのが保健師というわけです。

多くの場所で働くことができるということはつまりその分職場探しも大変になってくるということになりますよね。 より自分にあった職場をしっかりと探さなければいけません。 保健師の仕事は看護師とは違った大変さがあると思います。 そこで、しっかりと職場探しをするといったことが大切になってくるのです。 では保健師の職場選びをするにはどのようにしたらいいのでしょうか?

保健師の職場選びというのは主にハローワークに行って求人を探すというのが一般的だと思います。 ハローワークならば求人情報が多く集まっているのでまずはそこで、探すでしょう。 しかし、場合によってはハローワークでは求人情報が見つからないといったこともあるのを知っていますか? ハローワークには載っていない求人情報というのは実は多くあるのです。

そういったときには保健師求人サイトというインターネットのサイトを使ってみるのがおすすめです。 保健師求人サイトは保健師のための求人情報が多く載っているサイトでパソコンを使ってアクセスすることができるものになっています。 就職から転職といった様々な悩みを解決してくれるだけではなく、より自分にあった求人を見つけることができるというサイトなのです。 登録料というのも一切かからず無料なので自分の好きな時にインターネットで求人を調べることができるようになっているのです。 保健師の方で職場選びに困っているという人はこの保健師求人サイトを利用してみてください。

最新の保健師求人事情

保健師の求人は、看護師に比べるとそれほど絶対数が多くありません。資格を持っている方の数に大きな差がありますし、働く場所はたくさんありますがどこでも保健師はそれほど大勢採用することはないためです。

 

行政保健師など、保健師の方が公務員として働くにも最近は倍率が高くなかなかたいへんです。現在行政保健師として働いている方は5万人程度、全国でも決して多くない状況です。

 

学校保健師にしても、養護教諭は各学校基本的には1人ですから狭き門であることに変わりありません。養護教諭の免許があれば保健師の資格はなくとも養護教諭になることは可能ですから、保健師以外の方でも養護教諭を志す方は大勢います。

 

こうした状況を考えると現在保健師の方が転職を目指すのであれば、民間の企業・法人が中心となるのではないかと思います。

 

民間で企業保健師を雇う企業となると、ある程度労働者の多い企業となるはずです。
当然、企業保健師の求人は都市部が中心となってきますのでどうしても地方差が生じてきます。東京・大阪といった大都市圏ではいつも企業保健師の求人が出されていますが、地方都市での求人はさほど多くありません。

 

しかし一般的な企業の他にも医療機関、介護関係の法人など保健師を募集しているところは他にもいろいろあります。ある程度の規模がある都市なら、全く保健師の求人が見つからないということはないでしょう。

 

企業保健師の場合、新卒の方を募集することもあれば経験者を募集することもあります。
経験者を募集するという場合、第二新卒の若い方よりもむしろ経験豊富なベテラン保健師のほうが望ましいかもしれません。
保健師としてベテランならではの経験に基づく指導力を発揮してもらいたいと思っていることが多いですし、時には看護師としての経験が買われることもあります。大手ともなると賃金も公務員に劣らないレベルが期待でき、非常に質の高い求人案件を出すこともありますよ。

 

現在は非公開で保健師の求人が出されることも多いため、転職支援サイトへ登録して広く情報を集めるほうが効率よく転職活動が行えます。無料で登録できますから、転職を考え始めた時には是非検討されることをおすすめします。

 

転職支援サイトにはその職業を専門的に扱うコーディネーターがいて、非公開求人などを登録者に紹介してくれます。事前に登録した条件に基づいて求人案件が紹介されるため、転職希望者と企業の間でミスマッチが生じるケースも少なくなります。